レズビアンの保健室の先生が学校を飛び出して、多様な性のありかたについてお話します!

 小学校の学習指導要領解説書に書かれている、「思春期になるとだれもが遅かれ早かれ異性に惹かれる」という一文。

 これが現在、見直されようとしています。 

 

 最近よく目にするようになったLGBTという言葉、何となく聞いたことはあるけど、どんな人たちなのかよく知らない…。 

 芸能人でテレビに出てるような人たちのこと? 

 

実はLGBTって、13人に1人はいると言われている、とっても身近な存在なんです!

 

・性別って男と女の2種類に分かれるものじゃないの? 

・そもそもLGBTってなに? 

・いきなりカミングアウトされたけど、これからどう接したら良いの?

・学校や企業での具体的な対策って?

・LGBTの授業のために指導案を作ってみたけど、この表現で大丈夫?

  そういった疑問に、養護教諭(保健室の先生)免許を持つLGBT当事者で、レズビアンの私が1つ1つ丁寧にお答えしていきます。 

 %e6%8e%88%e6%a5%ad%e9%a2%a8%e6%99%af%ef%bc%92

 左利きの人と同じくらいの割合でいると言われているLGBT 。 

 男女やLGBTだけではない、多様な性のあり方について知ることで、きっと明日から世界がもっカラフルに思えてくるはず!

 お呼びいただければ、どんな場所にでも出張して、当事者目線での講演・ティームティーチング出張授業・ご相談等をお受けさせていただきます。

   何を話せばいいか分からないけれど、とにかく一度会ってみたい!といったお声も大歓迎です。

(ボランティアでももちろんかけつけますが、交通費と今後の活動応援費用をいただけると非常に助かります。) 

 

 NGワードなしの、ほんわかとした受け答え。保健室の中にいるようなアットホームな会話の中から性の多様性にいてお話させていただきたいと思っているので、どうぞお気軽にご連絡いただけると嬉しいす。 

 笑顔いっぱいのおもてなしで、あなたからのご連絡をお待ちしております。 


お問い合わせ

まずはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください!

contact-gr500